妊娠と出産による骨盤の歪み、緩み

妊娠により出産の手助けをするため一時的にホルモンが分泌され、骨盤を形成する関節部分(仙腸関節、恥骨結合)や関連する靭帯が緩む現象が起こります。

出産に備えた本能の生理現象ですが、出産時の負荷は骨盤の歪みを引き起こしやすく、更に恥骨痛や腰痛、股関節の違和感などが現れることがあります。

当治療室では出産前から受けに来られる方が多く、歪みが整うことで安産であったことに喜ばれますが、骨盤矯正を体験せず出産された方は骨盤の歪み、緩みを経験して戸惑っていることでしょう。

ですが出産後1ヶ月くらいを目安に骨盤を矯正するならしっかりとした骨盤へ戻ります。ただし、出産後2〜3ヶ月で骨盤の緩みは元に戻りはじめ硬くなるため歪んだ状態を放置し手遅れになるとそのままの歪み状態で固定化されやすので注意が必要です。

歪みの状況も年齢、体格、筋力によって個人差はありますが、恥骨や骨盤に痛みや違和感があるようでしたら早めの処置をお奨めします。

骨盤矯正と生活環境の点検

歩き方、ヒール(靴)の影響、立ち姿勢や前傾姿勢でのくせ、特に座る悪姿勢は骨盤の歪みを増長させますので、腰を丸める座り方と椅子の関係(床に座る環境は今後の骨盤にも影響)、足を組んだり骨盤の片側へ重心を乗せるくせは早めに直す心がけが大切です。

骨盤は身体の構造上、床に相当するため背骨(腰・背中・首)へと歪みは連動して上位の頭部(頭蓋)にまで影響を及ぼす重要な部位です。だからこそ、産後の骨盤矯正は早めに行うことをお奨めします。