カイロプラクティックは、1895年に米国で生まれた手技療法で、現在は米国をはじめ、カナダ、ニュージランド、ヨーロッパの一部の国では、ドクター・オブ・カイロプラクティック(D.C)と言う称号の付くカイロプラクティック専門の医師(注1)という立場にある。

残念ながら日本においては、法制化されていないため未だ民間療法的な域から抜け出ていない。

日本で法制化されずとも欧米諸国では4年制の専門大学が存在し「WHO=世界健康機構」でも独立した医療行為として認められているものであり基礎理論や実技が怪しいものではない。

しかし、日本では医師会を筆頭にカイロプラクティックは危険であると弾圧してきた歴史とその関係筋は常に否定する発言が多いこと、そして事実、基礎医学も学ばず短期講習会で身につけた程度の術者が怪我を負わせる事故も事実あるため難しい立場にある。

厚生労働省(旧厚生省)は、公的な資格(国家資格)である鍼灸師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師といった資格所有(注2)の上で、個々に学んだ技法、療法(カイロプラクティック、オステオパシー等)を施すことは基礎医学を学んだ上で施術する方が、無資格者が施術するより安全であるとの見解である。

基本原理は、脊柱や骨盤の構造的な歪みを修復することで神経や血管の圧迫を取り除き自然治癒力を引き出し身体機能を正常へと導くためにアジャストメントを行うものである。

今後重要なのは、米国同様に教育機関を充実させ基礎医学もちろんのこと、基礎理論、哲学、実技のレベルを高めることである。

一方整体は、中国や日本古来の骨法、按摩術などを基礎にツボや経絡治療なども取り入れた東洋的な流儀や様々な整体手技が存在している。

大正時代には、整体が当時の米国式カイロプラクティックの技法の一部を取り入れた経緯もあってカイロプラクティックと整体が混同されやすい要因でもある。

現代のネット社会においては、一般的にカイロプラクティックも整体のジャンルの一部として捉えられているため名称だけでは判断できない状況にあり、一部の整体院では、整体の施術や定義を曖昧にし、整体の名の下で無資格者によるマッサージを主とした行為が横行している実態がある。

耳心地のよい言葉や宣伝文句に惑わされず、院の質を正しく読み取ることが肝要である。