運動で疲労が蓄積したスネの痛み【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    r0010818-s

    ■左右スネの内側の痛み(40代・女性)
    その他、右腰痛、右膝痛、時々肩こり、頭痛等

    ■一見すると良い姿勢に見えます。しかしよく見ると右のウエストラインが右に比べ緩やかに外下方へ流れているのが判ります。実は単純な骨盤の歪みで「右腸骨-後下方/外転変位」です。エアロビクスを休まず毎日続けた結果、腰、背筋、太もも、膝、スネに疲労が蓄積しており、特にスネの内側が腫れ軽く指で触れても激痛が出る程で、ベットにうつ伏せした時もスネの部分があたって痛がる状態でした。

    ■アジャストメントは、仙骨と左右足関節に加えることで痛みは軽減し良好な状態へむかっていましたが、面白いことに、その数回後、履きなれないハイヒールをほぼ一日中履く機会があり、その翌日から再度痛みが出ています。これは、踵がヒールによって高くなることで重心が前方移動し足首とスネ側にかかった為に痛みがぶり返したと考えられます。しかし、現在は痛みもなく、エアロビクスを一日おきに行うなど工夫をされ疲労が蓄積しないことで好調をキープできることを自覚されています。

このページの先頭へ