SOT的なサブラクセイションとは

一般的に、カイロプラクティックでは疾病の原因は、神経圧迫によって先天的治癒力が100%発揮できないためと考え、先天的治癒力を妨げるものをサブラクセイションと呼んでいる。

しかし、このサブラクセイションについて、他のカイロプラクティックとSOTとの相違点は、硬膜に対するアプローチの仕方である。

つまり、椎間孔の閉塞によって神経根の圧迫であるとする考えを一歩進め、椎間孔の内側の硬膜の緊張がより第一義的な問題としている点である。

椎間孔の閉塞以前に硬膜の緊張を起こすサブラクセイションが先行しているはずと考えているのである。

このページの先頭へ