ギックリ腰【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    img_0055_59-2

    ■ギックリ腰(30代・女性)

    ■右仙腸関節に異常あり。前屈はスムーズに倒すことが出来ず、歪みながらの動作。起立姿勢は痛みのためだけでなく側弯症を持っていました。2年程前から生理痛として腰に痛みを感じることはあったようですが、今回が人生初のギックリ腰体験です。以前、腰痛で来ていたご主人の紹介で来院。1回のアジャストで痛みはほぼ消失。

    ※どんなに激痛であっても仙腸関節が起因する痛みのタイプは数回で消失します・・・しかし、椎間板に異常のある腰痛の場合はそう簡単に短回数で改善することはありません。痛みの出所が本質的に異なるからです。また、梨状筋症候群や真性ヘルニアでない場合でも酷似した症状が現れることが多数あり、診断名を貰っていても、数回で症状が消える場合は、実は真性の椎間板障害ではないケースもあります。症状の完全消失後に再度MRIを撮ってもらうと椎間板の隆起がそのまま残っている例は数多くありますので、レントゲン写真やMRIなどを元に充分な検査確認を行い慎重なアジャストメントが必要です。

このページの先頭へ