ギックリ腰(ぎっくり腰)

ギックリ腰の原因

急性的に起きた突発的な腰痛をギックリ腰といいます。日頃の姿勢習慣や環境が影響した代表的な痛みで、歩行や寝返りが困難なほど激しい痛みを訴えるケースも珍しくありません。
 骨盤
痛みの原因としては、腰椎や骨盤の筋膜、筋肉、靭帯、軟骨などが損傷している状態で、特に仙骨と腸骨で連結する仙腸関節の離開(外転+後下方変位)による周辺組織の損傷が最も多く見受けられます。
 
この仙腸関節に起きやすい後下方変位は、骨盤を支持する筋肉群の弱化や体重支持部の機能低下によって引き起こります。しかし、これらも日常繰り返す姿勢環境が大きく影響しており、特に長時間の座位姿勢環境に身を置く方になりやすい傾向にあります。
 
一般的に、重いものを持ち上げたときに起こりやすいイメージがありますが、朝起きたとき、洗面所で前傾したとき、床のモノを拾うとき、くしゃみをしたときなどでギックリ腰になるケースが意外にもよくあります。
 
これらは痛みが生じる引き金に過ぎず、日頃の座位姿勢習慣によって尾骨や仙骨、仙腸関節、腰仙関節などに体重加圧を続けたことによる結果ともいえます。
 
関連症状→ 腰痛 ※重要なことは「腰痛のページ」に記載されていますので必ずお読みください。
関連症状→ 座骨神経痛

 

アジャストメント

先ず仙骨の傾き、捻れを修正します。主に仙結節靭帯、仙棘靭帯の緊張緩和を行ない仙腸関節に対するアジャストメントを行ないます。
 
急性腰痛の患部は必ず熱をもち炎症を起こしていますが、これは毛細血管が切れて内出血を起こし、動脈血が患部に流れているためですので、自己判断で安易にマッサージをしたり(受けたり)、また患部を温めたりしないように注意してください。痛みが増したり、悪化することもあります。
 
姿勢を変えたり、歩行するのもつらい激痛であっても、パーマー系カイロプラクティックでは、痛みのある患部に直接触れることなく、様々な矯正治療(ドロップ・アジャストメント、リリース、ブロッキング)が可能です。(単なるギックリ腰ではなく、椎間板や内蔵の問題が影響している恐れのあるケースでは、レントゲンやMRIを撮って来ていただく場合があります。)
 
患者さんの感想、体験談

 
 



このページの先頭へ