強揉みマッサージの弊害【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    r0010893-sw1

    ■首、肩、背中の慢性的なコリ、違和感(40代・男性)

    ■筋肉隆々のスポーツマン体型ですが、いつも首の付け根や背中に重苦しい違和感やコリを感じており、月に何回もマッサージや指圧を受けないとほぐれた気がしない、しかし一向に改善しないため来院。

    ■下部頸椎から上部胸椎の際、胸椎と肋骨の連結部分等が、強く押されたり揉まれた結果、筋膜や筋肉繊維が傷つき再生した痕が多数存在しており、正常に血液やリンパが流れず常に違和感やコリ感が消失しない例です。

    ■辛いのは背中ですが、先ず土台としての骨盤(仙骨)の修正と後頭骨、上部頸椎の調整、そして肋骨周辺の調整で、その場で背筋の伸びと循環が良くなったことを体感されています。

運動で疲労が蓄積したスネの痛み【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    r0010818-s

    ■左右スネの内側の痛み(40代・女性)
    その他、右腰痛、右膝痛、時々肩こり、頭痛等

    ■一見すると良い姿勢に見えます。しかしよく見ると右のウエストラインが右に比べ緩やかに外下方へ流れているのが判ります。実は単純な骨盤の歪みで「右腸骨-後下方/外転変位」です。エアロビクスを休まず毎日続けた結果、腰、背筋、太もも、膝、スネに疲労が蓄積しており、特にスネの内側が腫れ軽く指で触れても激痛が出る程で、ベットにうつ伏せした時もスネの部分があたって痛がる状態でした。

    ■アジャストメントは、仙骨と左右足関節に加えることで痛みは軽減し良好な状態へむかっていましたが、面白いことに、その数回後、履きなれないハイヒールをほぼ一日中履く機会があり、その翌日から再度痛みが出ています。これは、踵がヒールによって高くなることで重心が前方移動し足首とスネ側にかかった為に痛みがぶり返したと考えられます。しかし、現在は痛みもなく、エアロビクスを一日おきに行うなど工夫をされ疲労が蓄積しないことで好調をキープできることを自覚されています。

左肩に偏った肩こりと頭痛【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    r0010810-s1

    ■左肩に偏った肩こりと頭痛(30代・女性)
    その他、目の奥の痛み、足のむくみ、眠りが浅い等

    ■大きな歪みは見られませんが、実は骨盤の右側が低位し、肩は同側の右へ下がっています。そのため重心が右側へ、そして首と頭部はその逆の左側へ移動。つまり身体がバランスを取るために左側の首や肩の筋肉が引き寄せ硬くなりやすく、左肩こりが現れている例。

骨盤の歪みによる膝痛【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    p4040080-s

    ■左膝痛:5年前からの違和感が強い痛みへ (30代・女性)

    ■普段の立ち仕事とスケートボードによる膝への負担等、本人も影響を受けていたのではと不安を持っていました。5年前から違和感を感じつつ、最近痛みが増したことで自己流の足の筋力トレーニング後、更に痛みが増しました。通常の歩行時や階段の下り等、体重がかかる際に激痛を伴い、どんどん身体が傾き歪んでいることを自覚。また、周りからも歪みを指摘されはじめていたとのこと。骨盤は、短い右足側に傾斜し肩も同様に下方へ。頭部も右側が傾斜し顎が左へ向いているのが判ります。

めまい、肩こり、倦怠感【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    img_0201-m

    ■頭部のふらつき、めまい、肩こり、倦怠感(30代・男性)

    ■一日中、仕事でパソコンの画面を見続ける状況が長期間続き、次第に頭自体の重みが増した感覚でふらつきが現れ、自分の片手で頭を押さえながら仕事をしなければならないほど辛くなる状態。骨盤から背骨、頸椎、頭部が正中線上に揃わない姿勢。骨盤の歪み、肩の傾き、上半身の捻れがよくわかる例。

デスクワークでの腰痛【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    img_0073-s

    ■腰痛、臀部〜下肢にかけての痛みとシビレ感(30代・女性)

    ■一見すると歪みが少なく見え判りづらいですが、上部頸椎(頭の付け根近くの首の骨)に強い緊張と可動域制限、更に仙骨1、2番に互い違い(バリアブル)の捻れが共存するなど問題を抱えていました。両肩の高さ、肩甲骨、臀部に歪みの一部が姿勢に現れています。首筋(すじ)から背中、腰仙部にかけて強い緊張があり、ほぼ毎日の残業(デスクワーク)続きの環境で痛みが悪化した模様。整形で湿布、けん引の経験あり。

日常の姿勢からくる腰痛【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    0037-391

    ■30分以上立ち続けると現れる腰痛(40代・女性)

    ■これまで腰痛とは無縁で、最近30分以上立っていると腰痛が現れるようになったとのこと。当治療室でやはり腰痛が改善したご主人の紹介で来院。一見、歪みが少ないように見えますが、骨盤全体が左に回旋し両足かかとの中心から見た正中線上では上半身全体が左に偏っています。右足が短く本来右に重心が傾くところを脊柱は頭部とともに左へ移行し補正しており、そのため左肩、左肩甲骨が左下がりとなっているのがよくわかります。日頃の姿勢習慣から歪みと痛みを現した一例。

ギックリ腰【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    img_0055_59-2

    ■ギックリ腰(30代・女性)

    ■右仙腸関節に異常あり。前屈はスムーズに倒すことが出来ず、歪みながらの動作。起立姿勢は痛みのためだけでなく側弯症を持っていました。2年程前から生理痛として腰に痛みを感じることはあったようですが、今回が人生初のギックリ腰体験です。以前、腰痛で来ていたご主人の紹介で来院。1回のアジャストで痛みはほぼ消失。

    ※どんなに激痛であっても仙腸関節が起因する痛みのタイプは数回で消失します・・・しかし、椎間板に異常のある腰痛の場合はそう簡単に短回数で改善することはありません。痛みの出所が本質的に異なるからです。また、梨状筋症候群や真性ヘルニアでない場合でも酷似した症状が現れることが多数あり、診断名を貰っていても、数回で症状が消える場合は、実は真性の椎間板障害ではないケースもあります。症状の完全消失後に再度MRIを撮ってもらうと椎間板の隆起がそのまま残っている例は数多くありますので、レントゲン写真やMRIなどを元に充分な検査確認を行い慎重なアジャストメントが必要です。

首こり、肩こり、骨盤の歪み【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    p3090040-451

    ■首・肩こり、骨盤の歪み(20代・女性)
    (その他、生理痛、ぎっくり腰のクセあり)

    ■仙腸関節の異常により骨盤全体が右側上方へ移動し骨盤の水平位を失っています。更に腸骨が過剰に前傾し、腰椎下部も前方へ圧迫しているため強い筋緊張が現れて例です。本人も足の左右差や骨盤の高さの違いに気づいていました。

肩こり、疲労感【姿勢百景】

実際にアジャストメントを受けた方の初回時の症状と姿勢(歪み)を紹介しています。
あなたの姿勢、歪み方、症状など似たものはありませんか?参考にしてください。

    p2100014

    ■強度の肩こり(40代・女性)
    その他、常に疲労感が抜けず、普段の姿勢と歪みを本人は気にしている。

    ■骨盤部の歪みと臀部筋に左右の偏りあり、骨盤の傾斜を補うように脊柱が右へ凸カーブを描きながら補正バランスを取っています。両肩は傾き右肩が下方位。右手指先が左より若干下方にあるのが見え確認できます。

    ※とかく日本人は、肩こりや疲れはマッサージをすれば良いと思いがちですが、骨格に歪みが存在し背骨がバランスを取るために補正している状態の筋緊張や偏在は身体の防御作用です。これを理解せずワンパターンに、押したり揉む行為を過度に行うと筋繊維は壊れごわついた硬い筋繊維と化します。最悪なのはそれをまた揉むことでしか緩まないと思い込んでいる整体師。(当治療室は、国家資格である按摩マッサージ指圧師免許を所有、原因を無視した強もみマッサージを否定)

このページの先頭へ