骨格矯正(アジャストメント)

人体には元々健康を回復させたり維持しようとする力が備わっています。これを「ホメオスタシス=恒常性」と呼びますが、カイロプラクティックでは「イネイト・インテリジェンス=先天的知能」と表現しています。判りやすくいえば「自然治癒力」もその一部です。

人体は、神経や血液が正常に流れない状態が続くと抵抗力が低迷し、やがて細胞や器官の働きまで低下していきますが、カイロプラクティックでは、この神経や血液の流れを阻害する要因である「歪み」や「圧迫」を取り除くために骨格構造を調べアジャストメントを行なうものです。
 
 

カイロプラクティック治療=アジャストメント

カイロプラクティック・テーブルカイロプラクティックにおける治療とはアジャストメントを指します。このアジャストメントとは、文字通り「矯正」「調整」を意味しますが、特殊な手技によって脊椎や骨盤・胸郭・四肢・頭蓋骨などの関節や縫合に対して行なわれます。
 
西洋医学が症状から診断を行い、その症状や訴えを消すことを第一に対処療法が行われますが、カイロプラクティックでは症状にとらわれることなく「健康(体)は正常な骨格を保ち、その骨格構造は身体機能と相互関係にある」という理念に立ち、神経の伝達や血液、リンパの流れを正常にすることを主軸にアジャストメントしていきます。
 
もちろん症状のことは忘れてはいません。症状に振り回されその都度対処に追われるのではなく、現時点での骨格が症状出現にどう影響しているかという背景を理解したうえでアジャストメントしていくことが大切なのです。

症状を消すことだけでしたら、痛み止めでも、湿布薬でも、ブロック注射でも良いはずです。しかし、筋骨格系(筋肉や骨組み)に関わる症状の多くが、筋肉や骨そのものには異常はなく、骨盤や頸椎、頭蓋骨の歪みやバランスの変化で出現していることに着目すべきでしょう。
 
 

主に使用されるアジャストメントの一例

トムソン・テクニック

骨盤の判定

■クレイ・トムソンDC 創始

■電動式のターミナルポイント・テーブル(別名トムソン・テーブル)を使用し、ニュートンの第1法則を応用した「押圧する力と落下する力」による二つの力によって、関節面に無理なく正しい位置関係を修復するテクニックです。

■ディアフィールド下肢分析法により「ディアフィールド・プラス」「ディアーフィールド・マイナス」「頚椎症候」等に分類し、カテゴリーに合わせたアジャストメントを実行します。

※骨盤の歪みパターンと仙骨の捻れの判定

      

   

 

ピアーズ・スチルワーゲン・テクニック

骨盤矯正

■ウォルター・ピアーズDC 創始

■ターミナルポイント・テーブルを使用したドロップ・テクニックです。アジャストメントの必要な特定の骨盤部位や背骨に対し、軽い押圧と同時にクッション部分が瞬時に落下することで 、部位に負担なくアジャストメントが可能です。

■特徴は、メジャー・サブラクセーションを上部頚椎のみに限定することなく、第五頚椎を中心とした頚椎の生理的弯曲の変化とそれに伴う補正的な骨盤変位(ダブルPI/AS、仙骨Side-Slip等)を解釈しアジャストメントします。

■ピアーズ・テクニックでは、仙骨周辺の靭帯(仙結節靭帯等)に持続圧をかけ、深部知覚反射を利用しバランスを取り戻すローガンベーシック・テクニックと上部頚椎のアジャストメントにより神経圧迫を解放するターグルリコイル・テクニック(上部頸椎アジャストメント)が含まれています。
 
※頸椎の後下方変位と仙骨の矯正 

 

SOT(仙骨後頭骨テクニック)

sot

■メイジャー・B・デ・ジョネットDC 創始

■デ・ジョネットDCは、オステオパシー大学在学中に、頭蓋骨治療の創始者であるドクター・サザーランドに指導を受けたのを切掛けに、頭蓋骨〜仙骨呼吸メカニズムの理論を取り入れSOTの基礎を創りました。

■SOT 独自のカテゴリー分析を行うことで、「Cat1:機能的問題(硬膜)」「Cat2:構造的問題(仙腸関節)」「Cat3:椎間板のの問題(Cat2に不順応な状態)」に3分類し、骨盤にクサビ形のブロックを挿入したり、脊髄反射弓を正常にしたり、頭蓋骨を治療するなど、主に硬膜の捩れや脳脊髄液の循環を改善することで自然治癒力を引き出すテクニックです。

※自身の体重加圧により仙骨の歪みと硬膜の緊張を取り除く操作

   

 

クレニオセイクラルセラピー(CST)

cst

■ジョン・E・アプレジャーDO 創始

■アプレジャーDOは1971年に、硬膜外カルシム沈着除去の外科手術中(オステオパシー・ドクターは一般医師と同等の地位と処方が許されている)に、硬膜が1分間に約6〜12回の独特のリズムで動くことを確認し、SOT同様にドクター・サザーランドの頭蓋〜仙骨メカニズムをヒントに創られたテクニックです。

■特徴は、ほんの僅か5〜10グラムのソフトタッチで頭蓋骨の縫合や位置バランスを整え、硬膜の緊張を解放し、脳脊髄液の循環を促進させるオステオパシーの流れを汲む治療法です。一般的なカイロプラクティック・マニュピレーション(ディバーシファイド)に比べて圧倒的に自律神経系の症状に有効です。

※前頭骨と側頭骨の歪みと縫合の緊張を取り除く操作



このページの先頭へ